樹木葬 関西初の桜の下に眠る「桜葬」はNPO法人 エンディングセンターが運営しています。

使用要項

エンディングセンター会員専用のお墓

桜葬は、エンディングセンターが企画し、神峯山寺が経営するお墓です。会員専用なので、エンディングセンターが窓口となりますが、各人が経営管理者である神峯山寺と墓所使用契約を取り交わします。現在会員でない方が契約を希望する場合は、墓所使用申込みの際に会員になっていただきます(埋蔵決定者(桜葬に眠る方)のどなたか)。また、すでに遺骨となられた方の墓所として契約される場合は、契約者となる方に会員となっていただきます(存命期間中)。なお、会費(年会費5,000円)はエンディングセンターの運営費として、桜葬メモリアルや講座、シンポジウムなどを開催するほか、葬送の生前準備などに関するご相談への対応、会報誌「ゆいの樹」の発行、郵送費などに使われます。

継承者は不要、無縁にならない永続使用墓

祭祀継承権を神峯山寺が有し永代にわたりお守りするため、エンディングセンター桜葬墓地は継承者を必要としません。また遺骨を埋葬したあと永遠に動かさず、そのまま土に還ります。子どもや親族、自然環境にも負担を掛けずに入れるお墓です。

メモリーが刻まれます。

画像の説明

各エリアに設置した銘板石にお名前やメッセージを刻むことができます。銘板石には区画番号が表示されているので、区画図と照らし合わせ埋葬された場所を確認することができます。
【A~Eエリア】
 銘板プレート 12,000円/個(税別)
【 F エリア 】
 銘板彫刻  25,000円/個(税別)
【 G エリア 】
 銘板プレート  18,000円/個(税別)

墓所使用料と環境保全費

二段埋葬とは

≪墓所使用料≫
【 A~Fエリアred
1区画サイズは25㎝×25㎝。
1区画の墓所使用料は、1名40万円です。

また、右図のように、地中で上下二段に埋葬し、1区画に2名の使用ができる「2段埋葬」する場合は1区画の墓所使用料は、2名60万円と費用を抑えられます。

1人1区画でも構いませんし、ご使用になる人数に応じて最適な区画数をご検討ください。2名以上の使用料は下記表を参照ください。

墓所使用料一覧表

【 Gエリアred
共同区画に付き墓所使用料は1名20万円です。

≪環境保全費≫
【 A~Fエリアred
契約区画毎に300円/月の環境保全費がかかります。
存命中のみの費用であり埋蔵決定者の方の没後は、支払負担はありません。
【 Gエリアred
環境保全費はかかりません。

桜葬の祭祀について

桜の花が咲く春に、会員が集まって、桜葬メモリアル(合同祭祀)を行います。合同祭祀は、仏教の法要と音楽や詩の朗読などの自由式です。個別の祭祀については、お寺の境内墓地につき他宗教の儀式や法要は行えませんが、使用者個人の宗教は自由です。また希望者は神峯山寺僧侶の埋葬式や年忌法要を依頼することもできます。桜葬の契約の際、あるいはその後、檀信徒になることを求められることはありません。

新しい縁「墓友(はかとも)」

大きな桜の下で眠る会員同士、桜葬メモリアルでともに祭祀をし語り合う。最後まで自分らしく生きるために、ともに学び、見聞を広げる中で、新しい縁が生まれ交流が広がっています。



<お問合わせ>
NPO法人エンディングセンター関西事務所  
〒569-1051 大阪府高槻市原1371-4 神峯山寺開成院霊園内
※桜葬見学の際は事前にご連絡ください。(スタッフ不在の場合あり。)
電話072-669-9131   FAX072-669-9132   お問合せフォーム

Total:18254 今日:7 昨日:3

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional