樹木葬 関西初の桜の下に眠る「桜葬」はNPO法人 エンディングセンターが運営しています。

よくある質問

当センターと墓地に関する情報はこちらでご覧いただけます。

よくある質問

■檀家になる必要はありますか?寄付の強請などありませんか?
桜葬は、神峯山寺と会員の皆様が契約を交わすことになりますが、お寺からの寄付の強要は一切ございません。そして檀家や信徒になる必要もございません。お寺からのご案内を受取るかどうかも皆様に判断してもらっています。法要などを求めれば関わってくれるという関係です。

桜葬とは、どのようなお墓ですか? 散骨とは違うのですか?
桜を墓標とする樹木葬墓地です。樹木葬墓地とは、「墓地、埋葬等に関する法律」に則って、墓地として都道府県知事の許可を得た区域に、石ではなく樹木を墓標とし、遺骨を土に還す葬法による墓地です。その樹木葬の中でも「桜の木」を墓標としているものを「桜葬」と呼んでいます。一方、散骨は細かく粉砕した遺骨を、墓地以外の場所にまくこと。法の枠外で節度を持って行う必要があります。

■子どものいない夫婦や、単身者でも使用できますか?一定期間を過ぎたら改葬されるのですか?
エンディングセンター桜葬墓地は、継承者を必要としません。また、遺骨を埋葬した後は永遠に動かさず、そのまま土に還ります。一定期間を経過したら、別の人が使用するということもありません。

■会員の年間費5,000円と環境保全費300円/月が存命中はかかるということですが、たとえば、若い者と80歳以上のものとが契約する場合、かかる費用に差が生じると思うのですが?(平均寿命から考え)
→おしゃる通りです。 年齢の差、申込まれる時期、ご生存の期間によって、お支払総額に差が生じます。

■早くに契約するメリットは?
→申込者さんの声を代弁させていただきますと、「早いもん順で区画の場所を決められる。」、「お墓を決めて安心した。」、「桜葬が関西にできるのをずっと待っていた」と精神面での安堵やお墓問題解決に向けて動かれているように思います。メリットと言えばそれになると思われます。また、費用的には契約後から費用が発生しますので、「契約はまだ先でいいねん」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

■1区間に2名使用可能ですが、申し込み時は1名であとで、もう1名追加は可能ですか?
はい、条件がありますが可能です。
 1、契約申込者自身による埋蔵決定者の追加(契約変更)
 2、契約申込者の没後、契約申込者に“埋蔵決定者の指名を委ねられた者”による埋蔵決定者(お墓に入る方)の追加(契約変更)
上記のどちらかであれば埋蔵決定者の追加申込みが可能となります。なお追加費用20万円と事務手数料の3,000円(税別)が掛ります。
※埋蔵決定者が2名(存命者)になった場合でも、お二人のどちらかが会員であれば、入会の必要はございません。ただしお住まいが異なれば、連絡を目的として準会員の入会をお願いしています。

■現在募集以外の埋葬エリアの予約や、いつ違うエリアを募集されるかの情報はお聞きできるのでしょうか?気にいったエリアがあります。
・新規の募集に関しましては、会報「ゆいの樹」にて、ご案内しております。なお会報は年四回、一般会員/正会員(5000円/年)、準会員(2000円/年)へお送りしています。
・新規募集区画の予約(申込みの意)は、会員さんを優先に抽選会を行います。新規受付けの情報を得られたい場合は、ご入会ください。(※ホームページでも受付け開始のご案内はする場合がございます。)

■埋葬地の上を人が歩いたり乗ったりしますか?
墓所使用規定で、埋葬区画内への立ち入りを禁じております。
※埋葬の際は、スタッフが立ち入りますが、板などを敷いて直接踏むことはないように配慮しております。※芝生の刈りこみなどの植栽管理の際は、入らざるをえませんのでご了承ください。

■ペットは一緒に埋葬できますか?
残念ながらご要望にお応えできません。≫東京町田の桜葬は可能です

■名前のプレートを貼り付ける台には他の何家族が一緒に記されますか?
エリアによって異なります。少ないところで28区画、多いところで120区画。1区画に2名まで入ることができますので最大240名のお名前が記されることになります。なお、”家族”というより、“個人”または“夫婦”単位が集合したお墓とのイメージをされた方がいいかもしれません。
※Fエリア「大地の礎」は個別になります。

■プレート台(銘板石)に献花などのお参りは可能ですか?
はい、とくに献花用の設備はございませんが献花は可能です。また、桜葬墓地には、3カ所に献花台がございます。そこは水もありますので、皆さんのお花で彩られます。

■他遺骨と混ざることは全くありませんか?
町田の「桜葬」の7年の実績からも一度もございません。ご安心くださいその理由をご説明しますと、皆さまそれぞれに区画がございます。埋葬の際には、土の穴に紙製の筒をいれております。いずれ土に還るものですが隣接区画との間仕切りの役割もはたしております。

■ エリアによって料金は異なりますか?
6つのエリアとも料金(墓所使用料)は同じです。
  1区画 1名使用で40万円
      2名使用で60万円 ≫墓所使用料一覧表をご覧ください。

■エリア内の場所指定はできますか?
はい。申込受付けエリア内で、空きの区画をご自由に選んでいただけます。
※空の区画は現地にてご確認いただけます。

■「墓友」という関係がありますが、交流を持たなければならないのでしょうか?
いいえ。いわゆる「墓友」は自然発生による会員さん同士の関わりです。
強制的なことはございません。なお、「桜葬」の契約者さんが出会う場は、例えば講座、お参り、合同祭祀などです。こういった行事の中で知り合っていく場合が主となっています。

■講座や交流会に出席しなければ、桜葬はできないのでしょうか?
「桜葬」の契約と講座や交流会の出席は関係ございません。

■契約手続きかた埋葬までの期間はどれくらいですか?
状況によるり変動しますが最短で約1月です。お急ぎの方は事前にご相談下さい。
<ご注意ください>
「桜葬」を申し込まれるには、「桜葬」現地を見学していただき、使用ルール(墓所使用規定)をスタッフから説明を受けていただく必要がございます。※エンディングセンターの会員であることが前提条件です。

■1区画1名で使用の際、同区画の上段にどなたかが入られる可能性はありませんか?
ございません。1区画につき契約者は1名(貴方)となります。契約者が指定しない限り他者が入ることはございません。

不安や不明なことがございましたら、
お気軽にお問いあわせください。


<お問合わせ>
NPO法人エンディングセンター関西事務所  
〒569-1051 大阪府高槻市原1371-4 神峯山寺開成院霊園内
※桜葬見学の際は事前にご連絡ください。(スタッフ不在の場合あり。)
電話072-669-9131   FAX072-669-9132   お問合せフォーム

Total:14855 今日:6 昨日:4

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional